新刊『民事信託を活用するための基本と応用 』刊行

『民事信託を活用するための基本と応用 』
オンラインブックショップで購入

ここ数年、民事信託の活用に関する情報は、比較的容易に取得することができるようになりました。高齢な方の財産管理や相続・事業承継において民事信託の活用がその一つの方法となります。しかし現状ではまだ、誰もが簡単に民事信託を利用することができるレベルまで実務が進んでいない状況でもあります。
民事信託を安定させるためには、家族が関与する一般社団法人を受託者とすることが有効です。
平成30年度税制改正において、「非営利型以外の一般社団法人」について、親族で役員の多数を占める場合には、一般社団法人の役員の相続時に一般社団法人が有する財産についても相続税の課税対象となりました。
本書は、実務目線による経験に基づく情報を盛り込み、「非営利型の一般社団法人」を活用した民事信託における実務のポイントを整理し、わかりやすく解説します。

  • 2,500 円 (本体価格:2,315 円)
  • 成田一正 監修 / JPコンサルタンツ・グループ 編 / 石脇俊司 著
  • 250ページ / A5判
  • 2018年3月27日
  • ISBN :978-4-7547-4453-3