新刊『国税通則法精解(平成31年改訂)』1月25日刊行

『国税通則法精解(平成31年改訂)』
オンラインブックショップで購入

クレジットカードによる国税の納付制度の創設、減額更正後に修正申告等があった場合の延滞税の計算期間の見直し、調査通知を受けて修正申告等を行う場合等の加算税の整備、国税犯則調査手続の見直し(国税犯則取締法を廃止して国税通則法に編入)、国際観光旅客税の創設に伴う整備など、前回改訂(平成28年1月刊)以降の法令改正、主要な判例等を織り込んで編集した最新版。国税通則法のすべてを、各条文毎に趣旨、理論、運用などを精細に究明した比類のない解説書。

  • 6,800 円 (本体価格:6,296 円)
  • 志場 喜徳郎 / 荒井 勇 / 山下 元利 / 茂串 俊 共編
  • 1880ページ / A5判
  • 2019年1月25日
  • ISBN :978-4-7547-2613-3