新刊『信託を活用した新しい相続・贈与のすすめ(5訂版)』刊行

『信託を活用した新しい相続・贈与のすすめ(5訂版)』
オンラインブックショップで購入

信託は、従来型の相続や贈与による資産及び事業承継の限界を超えるものとして近年注目されてきている。本書5訂版では、遺言書と信託契約の内容が抵触する場合や遺留分を侵害する信託の論点、信託の併合と分割の課税関係や再信託、その他登録免許税や不動産取得税等の実務で論点になるような設問を新たに加え、最新の判例等も追加して信託の基本的な構造と権利関係及び民法、信託法、税法との複雑に絡み合った信託の取扱いをQ&A形式で実務的かつ網羅的に具体的な事例を交えながら詳解。信託に関する基礎から応用までを網羅し、資産家や会社オーナーの方はもちろん、税理士や公認会計士、司法書士や弁護士などの関連士業の方や金融機関の方にとっても信託の教科書として、実務書として、さらには入門書としても活用できる必読本。

  • 3,300 円 (本体価格:3,000 円)
  • 笹島 修平 著
  • 576ページ / A5判
  • 2020年11月26日
  • ISBN :978-4-7547-2848-9