新刊『裁判例からみる保険税務』2月2日刊行

『裁判例からみる保険税務』
オンラインブックショップで購入

「保険」は経済社会の発展に伴い様々な変遷を経て現在に至るが、生命保険、損害保険及び定期保険又は第三分野保険のいずれもが、税務実務上において、法人税法、所得税法、相続税法と税目横断的に深い関わりを有している。また、それらの税務処理を巡っては近年に限らず訴訟に発展する事案が多く見受けられ、その判決がその後の保険をめぐる税務実務上の取扱いに影響を及ぼすケースが散見される。本書は、そうした税務実務に深く関わる「保険税務」を理解するために有益な裁判例・裁決例を厳選して収録し、実際の裁判・裁決等において示された当事者の主張や裁判所・審判所の判断を通して保険税務を法律的な視点及び実務的な視点の両面から解説している。

  • 3,520 円 (本体価格:3,200 円)
  • 酒井 克彦 編著・監修
  • 436ページ / A5判
  • 2021年2月2日
  • ISBN :978-4-7547-2851-9