移転価格税制執行の理論と実務

表紙画像: 移転価格税制執行の理論と実務

オンラインブックショップで購入

著者 本庄 資 編著
書籍カテゴリー 法人税関係
発売日 2010年7月27日 発売
ISBN 978-4-7547-1711-7
ページ数 / 判型 1100ページ / A5判
定価 8229 円 (本体価格:7619 円)

本書の内容

実務経験者やエコノミスト、研究者、官僚たちが、今後の日本の移転価格課税について考えるべき問題を提起し、それぞれの視点から新鮮な切り口で論じ、移転価格税制とその執行について、実務界の直面している課題を探り出す。

特色

先進国、新興国、発展途上国を問わず、世界各国に普及しつつある「移転価格税制」。
日本の移転価格税制は、なお変化の途上にあるとみられ、アメリカやOECD、国連の動向に応じて改正すべき点も少なくない。
また、多様化する国際間取引に関し、各国は課税ベースの縮小に歯止めをかけるため、タックスヘイブン税制、移転価格税制、過少資本税制等の強化を図る必要に迫られている。
本書ではこのような現状を踏まえ、今後の日本の移転価格税制について考えるべき問題を提起し、研究者、実務経験者やエコノミスト、官僚たちが、それぞれの視点から新鮮な切り口で論じたものである。

主要目次

第1章 移転価格税制の発展の歴史と現状

第2章 国内法と国際法との関係

第3章 移転価格税制と他の国内法との関係

第4章 移転価格操作と国際収支統計

第5章 移転価格税制の執行の現状と問題点

第6章 独立企業間価格算定方法

第7章 移転価格調整と紛争解決方法

第8章 出現する移転価格課税の問題

関連書籍

表紙画像: 新減価償却の法人税務(第4版)新減価償却の法人税務(第4版)

成松 洋一 著

2016年8月17日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説

税理士 桜友会 編著

2016年7月13日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 固定資産の税務と法務(平成28年版)固定資産の税務と法務(平成28年版)

櫻井 光照 著

2016年7月22日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 図解 組織再編税制(平成28年版)図解 組織再編税制(平成28年版)

中村 慈美 著

2016年7月15日 発売

オンラインブックショップで購入