法人税法の解釈と計算

表紙画像: 法人税法の解釈と計算

オンラインブックショップで購入

立ち読みする

著者 鈴木 豊 著
書籍カテゴリー 法人税関係
発売日 2012年2月29日 発売
ISBN 978-4-7547-1864-0
ページ数 / 判型 240ページ / B5判
定価 2674 円 (本体価格:2476 円)

本書の内容

法人税法の計算と実務への適用にあたっては、適用の仕方によって法人税額が異なることから、法人税法の租税法上、法人税法の法規上における解釈を厳密に行う必要があります。本書は租税法上、法人税法上の解釈方式を、条文解説、計算問題ケース、判例・裁決例ケース、実務ケースを網羅してその理解を正確に深めることをねらいとした、法人税法の基本的な解説書です。

特色

○租税法上の諸原則と法人税法上の諸原則を分かり易く要約しています。 ○必要不可欠な法人税法の条文を分かり易く解説しています。 ○法人税法上の重要項目の計算問題を、過去の公認会計士試験、税理士試験を参考に再現し回答しています。 ○実務で頻繁に発生する解釈上の問題を、重要な判例・裁決例を用いて分かり易く要約しています。 ○実務処理で判断の困難な法人税法上なじみのある取扱いケースを、分かり易く要約しています。 ○受験生、学生、実務家に分かり易い構成にしています。   租税法と法人税法の相互関係  法人税の法規の解説  判例・裁決例のケースの要約とポイント  計算ケースの回答  実務ケースの考え方のポイント

主要目次

第1章 法人税法と租税法原則
 第1節 租税の意義と租税原則
 第2節 租税法の構造と租税法一般原則
 第3節 租税法律主義の原則
 第4節 租税法解釈・適用の原則

第2章 法人税法計算原則
 第1節 企業会計依存の原則
 第2節 資本取引・損益取引区分の原則
 第3節 確定決算主義の原則
 第4節 実質課税の原則
 第5節 行為計算否認の原則
 第6節 損金計算原則
 第7節 益金計算原則
 第8節 法人の設立と納税義務者
 第9節 法人税法の3つの課税原則と基準の関係

第3章 益金の計算
 第1節 益金の認識と測定
 第2節 棚卸資産の通常の販売取引
 第3節 委託販売取引
 第4節 割賦販売取引
 第5節 工事の請負
 第6節 その他の取引
 第7節 固定資産の譲渡収益
 第8節 受取配当金等の益金不算入
 第9節 その他の益金

第4章 損金の計算
 第1節 損金の認識と測定
 第2節 給 与
 第3節 交際費等
 第4節 寄附金
 第5節 租税公課
 第6節 貸倒損失
 第7節 資産の評価損
 第8節 その他の損金

第5章 棚卸資産の計算

第6章 有価証券の計算

第7章 固定資産の計算
 第1節 固定資産
 第2節 借地権

第8章 繰延資産の計算

第9章 引当金・準備金の計算

第10章 圧縮記帳の計算

第11章 国際課税の計算

第12章 税額計算・申告・納付

関連書籍

表紙画像: 新減価償却の法人税務(第4版)新減価償却の法人税務(第4版)

成松 洋一 著

2016年8月17日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説

税理士 桜友会 編著

2016年7月13日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 固定資産の税務と法務(平成28年版)固定資産の税務と法務(平成28年版)

櫻井 光照 著

2016年7月22日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 図解 組織再編税制(平成28年版)図解 組織再編税制(平成28年版)

中村 慈美 著

2016年7月15日 発売

オンラインブックショップで購入