図解 国税通則法(平成26年版)

表紙画像: 図解 国税通則法(平成26年版)

オンラインブックショップで購入

立ち読みする

著者 黒坂 昭一 / 佐藤 謙一 編著
書籍カテゴリー 通則・徴収関係
発売日 2014年7月18日 発売
ISBN 978-4-7547-2127-5
ページ数 / 判型 570ページ / B5判
定価 3300 円 (本体価格:3056 円)

本書の内容

税に関する法律の中で最も基本的な法律であり、各税法に共通する事項が規定されている「国税通則法」を図解により体系的に分かりやすく解説。

★ 近時、毎年のように大きな改正が行われている国税の基本法である国税通則法を正しく理解していただけるよう、図やフローチャートなどを交えてわかり易く解説。

★ 23年改正において明確化された税務調査手続については、「第8章 国税の調査(税務調査手続)」の章を設けて、税務調査の事前通知から質問検査、税務調査終了の際の手続まで、国税通則法はもとより税務調査通達、調査手続運営指針を引用しながら解説するとともに、図や表に整理してより簡潔に理解できるよう解説。

★ 25年改正における延滞税及び利子税の割合についての改正は、平成26年1月1日以後の期間に対応する延滞税等について適用が開始されていることから、実務的にも理解できるよう、具体的な設例に基づき、適用期間についての説明図を用いて適用関係を示した計算例により明快に解説。

★ 行政不服審査法の改正に伴い26年6月に改正された、新国税不服申立制度についても解説した最新版。

★ 解説に当たっては、図や表、フローチャートを多用していることはもとより、より理解を深めていただくために、適宜具体的な事例、参考となる判例や裁決例を交えて解説した国税通則法理解のための必備書。

主要目次

第1章 総   則
第1節 国税通則法の概要
1 国税通則法の制定
2 国税通則法の内容
3 国税通則法と他の税法等との関係
4 国税通則法の目的
第2節 国税通則法上の当事者等
1 国税通則法上の当事者
2 税務行政組織
3 納税者等
4 人格のない社団等
5 税理士
第3節 納付義務の承継
1 納付義務の承継の意義等
2 納付義務を承継する国税
3 納付義務の承継の効果
4 共同相続人の承継
第4節 連帯納付義務等
1 連帯納付義務等
2 連帯納付義務
3 連帯納付責任
第5節 書類の送達及び提出
1 書類の送達
2 送達の方法
3 公示送達
4 相続人に対する書類の送達の特例
5 書類の提出等
第6節 期間及び期限
1 期  間
2 期  限
3 災害等による期限の延長

第2章 国税の納付義務の確定
第1節 納税義務の成立・確定
1 納税義務の成立から確定(概要)
2 納税義務の成立
3 納付すべき税額の確定
第2節 申告納税方式による国税に係る税額等の確定手続
1 申告納税方式の国税
2 納税申告
3 納税申告の法的性格
4 納税申告書の種類及び申告内容
5 納税申告書の提出等
第3節 更正の請求
1 更正の請求
2 更正の請求の制度
3 更正の請求の内容と期間
4 更正の請求のできる場合
5 更正の請求の手続等
第4節 更正又は決定
1 更正
2 決定
3 再更正
4 国税局等の職員の調査に基づく更正又は決定
5 更正又は決定の手続
6 更正又は決定ができる期間
7 更正又は決定の所轄庁
8 確定後の税額変更の効力
第5節 賦課課税方式による国税に係る税額等の確定手続
1 賦課課税方式の国税
2 賦課決定
3 賦課決定の効力
4 賦課決定の所轄庁

第3章 国税の納付及び徴収
第1節 国税の納付
1 国税の納付方式
2 納期限
3 確定方式別の国税の納付
4 納付の手続
第2節 国税の徴収
1 徴収の意義
2 納税の告知
3 督  促
4 繰上請求
第3節 滞納処分等
1 滞納処分の意義等
2 国税徴収法の目的
3 国税徴収法の特色
第4節 第三者納付、予納
1 第三者納付及びその代位
2 予  納
第5節 債権者代位権及び詐害行為取消権
1 債権者の代位
2 詐害行為の取消し
第6節 徴収の所轄庁
1 国税の徴収の所轄庁
2 徴収の引継ぎ
3 更生手続等が開始した場合の徴収の引継ぎ
4 引継ぎの効果等
第7節 納税義務の消滅

第4章 納税の緩和、猶予及び担保
第1節 納税の緩和制度の概要
1 納税の緩和制度の意義
2 納税の緩和制度の種類
第2節 納税の猶予
1 納税の猶予
2 納税の猶予の区分
3 納税の猶予の効果
4 納税の猶予の取消し

第3節 国税の担保
1 担保を提供する場合
2 担保の種類
3 担保の価額
4 担保の提供手続
5 担保の変更
6 担保の解除
7 担保の処分手続等
8 納付委託

第5章 国税の還付及び還付加算金
第1節 国税の還付
1 還付金等の種類
2 還付金等の還付
3 還付金等の支払方法
4 未納国税への充当
第2節 還付加算金
1 還付加算金の意義
2 還付加算金の計算
3 還付加算金等の端数計算等

第6章 附帯税
第1節 附帯税の概要
1 附帯税の制度等
2 附帯税の種類
第2節 延滞税及び利子税
1 延滞税と利子税
2 延滞税
3 延滞税の計算
4 延滞税の免除
5 利子税
第3節 加算税等
1 加算税の概要等
2 過少申告加算税
3 無申告加算税
4 不納付加算税
5 重加算税
6 過怠税

第7章 更正、決定、徴収、還付等の期間制限
第1節 期間制限の概要
1 期間制限の趣旨等
2 除斥期間と消滅時効
第2節 更正、決定等の期間制限
1 除斥期間の起算日
2 除斥期間
3 除斥期間の内容
4 更正・決定等の期間制限の特例
第3節 徴収権及び還付金等の消滅時効
1 徴収権の消滅時効
2 時効の中断及び停止
3 脱税の場合の時効の不進行
4 還付金等の消滅時効

第8章 国税の調査(税務調査手続)
第1節 税務調査手続等の概要
1 税務調査手続の概要
2 国税通則法第7章の2における「調査」
第2節 税務調査の事前通知
1 税務調査の事前通知
2 調査の「開始日時」又は「開始場所」の変更の協議
3 通知事項以外の事項について非違が疑われる場合の質問検査等
4 事前通知を要しない場合(事前通知の例外事由)
5 適用関係
第3節 質問検査
1 税務職員の質問検査権
2 質問検査権に係る内容等
3 各税に関する質問検査権の内容
4 提出物件の留置き
5 質問検査権限の解釈
第4節 税務調査終了の際の手続
1 調査終了の際の手続
2 更正決定等すべきと認められない場合
3 更正決定等すべきと認める場合
4 調査終了の手続に係る書面の交付
5 再調査

第9章 行政手続法との関係
1 行政手続法の概要
2 行政手続法の主な内容
3 行政手続法の適用除外
4 処分の理由附記

第10章 不服審査及び訴訟
第1節 行政争訟制度の概要
1 納税者の権利救済制度の概要
2 行政争訟(租税争訟)の目的
3 租税争訟案件に係る行政救済の必要性
4 租税争訟案件における行政救済の特色
第2節 不服審査
1 不服申立制度の意義とその対象
2 処分についての不服申立て
3 異議申立て
4 審査請求
5 不服申立てと原処分の執行
6 不作為についての不服申立て
第3節 訴   訟
1 租税訴訟とその手続
2 租税訴訟の類型
3 訴訟の流れ
4 訴訟要件

第11章 雑 則
第1節 端数計算
1 端数処理の目的
2 国税の課税標準の端数計算等
3 国税の確定金額の端数計算等
4 還付金等の端数計算等
第2節 供託
1 弁済代用としての供託
2 弁済供託の要件・効果
3 供託の方法
第3節 納税証明
1 納税証明の意義
2 納税証明の要件
3 納税証明の交付手続等
4 電子納税証明書

第12章 罰 則
1 国税の調査・徴収事務従事者の守秘義務違反
2 虚偽記載等
3 不答弁・虚偽答弁
4 両罰規定


((参考資料))
1 国税通則法第7章の2(国税の調査)関係通達の制定について(法令解釈通達)
2 調査手続の実施に当たっての基本的な考え方等について(事務運営指針)
3 税務調査手続に関するFAQ
○ 一般納税者向け
○ 税理士向け
4 過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税及び重加算税の取扱い
(事務運営指針)
5 国税通則法基本通達(徴収部関係)


索  引

関連書籍

表紙画像: 国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説国税OBによる 税務の主要テーマの重点解説

税理士 桜友会 編著

2016年7月13日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 基礎から身につく国税通則法(平成28年度版)基礎から身につく国税通則法(平成28年度版)

川田 剛 著

2016年4月15日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 税制改正早わかり(平成28年度)税制改正早わかり(平成28年度)

中村 慈美 / 松岡 章夫 / 秋山 友宏 / 渡邉 正則 共著

2016年3月24日 発売

オンラインブックショップで購入