駆け出し税理士の事務所構築術

表紙画像: 駆け出し税理士の事務所構築術

オンラインブックショップで購入

著者 坂野上 満 著
書籍カテゴリー その他全般(税務関係)
発売日 2020年3月18日 発売
ISBN 978-4-7547-2751-2
ページ数 / 判型 296ページ / A5判
定価 本体価格 2200円+税

本書の内容

近年、税理士試験に合格してもなかなか独立に踏み切ることができない人や、独立したけれども、どうやってこの先を進めていけばいいのか分からない、あるいは、目指すべき道が分からないという人の話を聞く機会があります。私も税理士登録から20年、独立開業から18年が経ちますが、開業当初は「食っていければいい」という思いと「事務所を大きくしたい」という思いの狭間で何となく時間が過ぎていたような気がします。

そうしているうちにスタッフを一人雇い、二人雇い、という段階に至る訳ですが、この時にある思いが私の脳裏をよぎります。「この事務所はもはや私一人の事務所ではなくなってしまった。これまでのように事務所=自分という訳ではなく、何かあるとスタッフにまで悪い影響が及んでしまう。お客様に本当に必要とされる事務所にならなくては!」

頭で考えるのは簡単なのですが、お客様に本当に必要とされる事務所になるために具体的に何をすればいいのかに辿り着くまでいろいろ回り道をしました。営業系のセミナーを行脚してみたり、いろんな地域ボランティア活動に顔を出してみたり、「税理士らしくない」と言われたくて普通の税理士はやらないようなことを見つけては実行していたような気がします。この時の行動については今も無駄だったとは思いませんが、タイムマシンに乗ってもう一度あの頃に戻ったならば、こういったことはやらないと思いますね。

やがて、お客様に本当に必要とされる事務所とはどんな事務所なのかという答えに辿り着くことになります。それはとてもシンプルなものでした。「お客様に感謝される事務所にする」ということです。

この本では、お客様に感謝される事務所づくりのために次の6つの視点を用意しました。

まず1.会計事務所の仕事を知るということです。孫子の兵法に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という有名な一節がありますが、まずは己を知るという部分です。次に2.社長を知るということです。「彼」とはどんな性質を持つ存在で、どうして差し上げると喜ばれ、どうしてしまうと気分を害されるのかを探ります。それらを踏まえた上で3.お客様とのコミュニケーションへと続きます。同じことを伝えるのであっても伝え方ひとつでお客様の行動や感情は大きく変わります。そして4.会計を知る、5.税務を知るに続きます。税理士試験に挑戦された皆さんには釈迦に説法かもしれませんが、「なぜそのような取扱いをすることになっているのか」ということまで知ろうとする習慣をつけることによって、教科書には出てこない実務上の変化球にもうまく対応することができるようになるのではないでしょうか?次は少し違う視点から6.仕事を効率的にこなすためにを紹介します。人間の心身の仕組みや時間とのうまい付き合い方を考慮しながら、一日を24時間以上の価値があるものとしていきます。


最後に少し先のことになるかもしれませんが、7.スタッフを一日でも早く一人前にする方法で締めることにします。


これらについてどれも私の経験から説明させて頂きますが、どれも机上の空論ではなく超現場チックで再現性が高く、今日からすぐに使えるものばかりを取り揃えました。また、ところどころ「人間の体や心理はこうなっている」というところを取り入れてメソッドを紹介している部分もあります。


これにより一人でも多くの駆け出し税理士の先生や将来税理士事務所開業を目指す人の心のよりどころとして頂き、我々税理士業界の将来が明るいものとなることを願ってやみません。

主要目次

はじめに

第1章 会計事務所の仕事を知る
1 会計事務所の仕事とはどのようなものか?
2 会計事務所の仕事をうまくこなすコツ5か条
Collumn リラックスが人間の頭にもたらす効果

第2章 社長を知る
1 社長って、どんな境遇にある人?
2 社長の仕事って結局、何ですか?
Collumn 相手の立場で考えてみる

第3章 お客様とのコミュニケーション
1 社長とのコミュニケーションはどのようにすればいいのか?
2 社長とうまくコミュニケーションを行うためのスキル
3 お客先とのコミュニケーション事例集(基礎編)
Collumn コミュニケーションのスキルは一日にして成らず

第4章 会計を知る
1 決算って何だろう?
2 利益の概念を知ろう!
3 一般に公正妥当と認められる会計処理の基準
4 B/Sの見方
5 P/Lの見方
6 お客様にお伝えしたい5つの経営指標
7 会計のまとめ......会計をやる際の3つの掟 !!
Collumn 税理士となった後も利益の本質を理解していなかった私

第5章 税法を知る
1 税務の性格
2 所得計算における収入金額・益金と必要経費・損金の関係
3 会計事務所が取り扱う主な税目1(法人税関係)
4 会計事務所が取り扱う主な税目2(所得税関係)
5 会計事務所が取り扱う主な税目3(消費税関係)
6 お客様とのコミュニケーション事例集(税務編)
7 節税をめぐるお客様とのコミュニケーションの研究
Collumn 枝葉末節と根幹

第6章 税法を読む
1 税法を読む際の基礎知識
2 条文を読む練習1(所得税法第120条から第123条)
3 条文を読む練習2(消費税法第19条)
4 条文を読む練習3(法人税法第21条、第22条と第74条)
Collumn 条文への慣れ親しみを !!

第7章 税務調査を知る
1 国税の組織を知る
2 国税組織の一年
3 税務署側の税務調査の位置づけ
4 調査先の選定(法人を例に)
5 一般的な調査の手順
6 所得税・法人税以外の税目とのからみはどうなっているのか?
7 任意調査と立証責任
8 現場裁量主義について
9 まとめ
Collumn 戦わずして勝つのがベスト

第8章 仕事を効率的にこなすために
1 「作業」と「プロの仕事」を区分する
2 仕事の効率を高めるといいことがあります
3 仕事の効率を高めるってどういうこと?
4 時間と人間の作業性に関する2つの性質
5 同じ時間で多くの仕事を片付けるための5原則
6 時間の魔術師になるためのコツ
7 少しでも早く知識や知恵をものにするために
Collumn 時間を効果的に使うのも大事な仕事です

第9章 タッフを一日でも早く一人前にする方法
1 基礎的な考え方をこう教える
2 月次処理という業務をこう教える
3 お客様とのコミュニケーションをこう教える
4 会計事務所の仕事をこう教える
Collumn スタッフさんの「覚える苦しみ」を軽減してあげたい

第10章 お客様の心理に近づくために
1 税負担が重いと感じる3つの理由
2 お客様の痛税感を少しでも和らげて差し上げるための工夫
3 節税・租税回避行為・脱税
4 「今期、まとまった利益が出そうなんだよね。どうにかなんない?」

付 録 税務運営方針の全文

関連書籍

表紙画像: わかりやすい 家族信託の税金のはなしわかりやすい 家族信託の税金のはなし

山田 吉隆 著

2020年6月29日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 企業再生の税務企業再生の税務

橘 素子 著

2020年6月26日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 租税法入門(十六訂版)租税法入門(十六訂版)

川田 剛 著

2020年5月25日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 税法思考術 税法思考術

木山 泰嗣 著

2020年4月22日 発売

オンラインブックショップで購入