リーガルマインドのあたらしい教科書

表紙画像: リーガルマインドのあたらしい教科書

オンラインブックショップで購入

著者 木山 泰嗣 著
書籍カテゴリー その他全般(税務関係)
刊行日 2022年2月18日 刊行
ISBN 978-4-7547-2984-4
ページ数 / 判型 288ページ / A5判
定価 税込2,200円(本体2,000円+税10%)

本書の内容

税務に関わる者に必要な法的思考力、すなわち「リーガルマインド」。好評であった『法律に強い税理士になる―リーガルマインド基礎講座』を、より幅広い読者対象を意識して新装改訂。法的三段論法からみた法的視点、あるいは法的思考力を身につける「リーガルマインド」の「あたらしい教科書」です。

特色

★講義で語りかけるような文体で、学部生などの初学者でも理解できるようにわかりやすく解説!

★「94」のまとめの図表により、ポイントを視覚的にわかりやすく整理!

★「重要センテンス」や「キーワード」を強調表記としてポイントを明確化!

★「重要ワード」を何度でも確認できるよう、巻末に「用語索引」を完備!

★日常税務で活かせる「法的思考力(法的視点)」を身につける、具体的なヒントが満載!

主要目次

第1章 リーガルマインド なぜ「リーガルマインド」が求められるのか?
1 リーガルマインドとは何か?......法的思考力の視点
2 専門家の構造......税務をとりまく法の専門家
3 法の正体に迫る......重たい法学学習のエッセンス

第2章 法的三段論法......リーガルマインドの正体を知る
1 法律家が使う思考技術......税理士・公認会計士・弁護士・課税庁の職員
2 リーガルマインドの定義......法的思考力とは何か?
3 法的三段論法......法律学のアプローチ
4 法的三段論法の内容......抽象論と具体論
5 法的三段論法のプロセス......裁判官の思考をたどる
6 法解釈とは?......法解釈の方法の概要
7 事実認定とは?......民事訴訟法の概要

第3章 法体系の基礎......法体系における税法の位置づけを学ぼう
1 憲法の最高法規性......人権保障のための仕組み
2 法の優先関係......憲法,法律,命令,条例,条約とは?
3 法令の概要......法律,施行令,施行規則とは?
4 法令等の概要......通達,事務運営指針とは?55
5 法律論からみた税務行政......税務行政における違法性のチェック

第4章 法解釈・解釈論......法の解釈はどのように行われるのか?
1 法的三段論法の大前提......法解釈の方法を知る
2 法学教育と司法試験......法学部と法科大学院・大学院
3 法解釈の重要性......解釈論と立法論
4 憲法との関係......租税法律主義の原則
5 条例との関係......地方団体の課税権

第5章 判例の読み方......判例はどのように読むべきなのか?
1 そもそも判例とは?......判例と裁判例の違い
2 どこまでが判例なのか?......主論と傍論・裁判官の意見
3 先例拘束力......判例の事実上の拘束力とは?
4 判決の拘束力......差戻審における審理
5 判例の射程......射程内か,射程外か?

第6章 事実認定......事実の認定はどのように行われるのか?
1 法的三段論法の小前提......事実認定と弁論主義
2 民事訴訟における事実......主要事実・間接事実・補助事実
3 証拠の種類......直接証拠・間接証拠・補助証拠
4 証拠の方法......書証と人証・供述の信用性
5 事実認定の方法......自由心証主義と経験則


第7章 立証責任......立証責任の理解はなぜ重要なのか?
1 立証とは?......証明と疎明,証明度
2 立証責任とノンリケット......立証責任,主張責任とは?
3 立証責任の分配とは?......法律要件分類説の考え方
4 課税の場面における立証責任......課税庁と納税者の攻防
5 立証責任の実務的な意味......税務調査・税務争訟

第8章 私 法......私法の理解はなぜ重要なのか?
1 法の種類......私法と公法・一般法と特別法・実体法と手続法
2 「私法の一般法」の重要性......民法を制する者は司法試験を制する?
3 「一般法と特別法」の関係......消滅時効の規定を例に
4 私法と税法の関係①......借用概念と固有概念
5 私法と税法の関係②......前提としての私法契約

第9章 契 約......契約書はどのように読むべきなのか?
1 契約とは何か?......意思表示と意思表示の合致
2 契約の要式......口約束でもよいのか,契約書の意味とは?
3 契約自由の原則......無効と取消し
4 契約条項の解釈の方法......合理的意思解釈とは?
5 当事者が締結した契約の重視......租税回避と権利濫用

第10章 応用編......リーガルマインドを税務の仕事にどのように使うべきか?
1 契約書の作成......形式と実質の意味
2 税務調査と課税要件事実......立証責任を意識する?
3 通達と税務行政......裁判所における効力は?
4 判例の先例拘束性と射程......判例の使い方を検討する
5 不服申立ての視点......法的三段論法による論理の積み重ね


用語索引

関連書籍

表紙画像: 租税法入門(十八訂版)租税法入門(十八訂版)

川田 剛 著

2022年4月 6日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 税法概論(十九訂版)税法概論(十九訂版)

図子 善信 著

2022年4月 7日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 税法用語辞典(十訂版)税法用語辞典(十訂版)

岩﨑 政明 / 平野 嘉秋 共編

2022年3月 1日 発売

オンラインブックショップで購入

表紙画像: 令和4年 公認会計士試験用参考法令基準集(企業法)令和4年 公認会計士試験用参考法令基準集(企業法)

大蔵財務協会 編

2022年2月18日 発売

オンラインブックショップで購入