季刊「資産承継」

表紙画像: 季刊「資産承継」

年間購読料 8,000円(本体価格7,407円+税)
仕様 季刊(2、5、8、11月)年4回・20日発行 / B5判 / 4色フルカラー / 200ページ程度

本誌は、資産承継や事業承継をテーマとして、株式会社 野村資産承継研究所が監修した定期刊行物です。経営、税務、法務、金融資産・不動産マネジメント等の幅広い分野について、野村グループがもつ最新のノウハウやタイムリーな情報を余すことなく掲載して発信することを目的としており、税理士・会計士・弁護士等、専門家の方はもちろん、承継問題に関心を持つ企業オーナーや資産家を対象とした総合専門誌です。

年間購読のお申し込みはこちら 単号での販売はこちら 電子書籍を BookLive! で購入

最新号のご案内

2019 春号 No.7

<巻頭言> 

家族民事信託と信託口座を知る

◆特集Ⅰ 資産承継・事業承継における信託の活用

  • 資産承継信託の基本実務-民事信託の特長を知り資産承継・事業承継信託を活用するために―
  • 信託制度の概要
  • 信託税制の概要

【信託の活用例】

① 遺言代用信託の活用

② 受益者連続型信託の活用

③ 複層化信託スキームの活用

④ 指図権を用いた信託の活用

⑤ 公益信託の課税関係と活用

◆特集Ⅱ 平成31年度税制改正注目論点詳解

  • 個人の事業承継税制と事業用小規模宅地の特例の改正
  • 所有者不明土地に関する税制改正について
  • 民法改正に伴う税制改正項目について(配偶者居住権、特別寄与料の評価等)
  • NISAの改正と今後の展望

◆資産承継の視座

  • 資産承継の視点〔第7回〕―遺言信託の利用に際して検討すべきポイント―
  • 歴史に見る事業承継〔第七回〕―高島秋帆-江川太郎左衛門―
  • 「経営陣開発」のプロに聞く―カリスマからチーム経営へ―

 〔第二回〕チーム経営転換の3ステップ

◆事業・資産承継を巡る最近の動向

  • 2018年の家計金融資産の動きを振り返る

◆論説

  • 〔第7回〕財産(資産)評価の実務研究
  • 国際税務の基礎その2―住所の国外移転と税制―

バックナンバーはこちら