専門の税理士と不動産鑑定士が解説 『広大地評価の概要と実際の評価事例による検討/福岡』 セミナーのご案内

このセミナーは修了しました。最新のセミナーはこちらでご確認ください。

 相続税における土地評価で「広大地」の評価が適用できると相続税が大幅に軽減され、税負担に大きな差が生じます。
 しかし、広大地評価は定義が抽象的であり、適用要件も多岐にわたるほか、特に不動産の行政法規、鑑定評価用語の正確な知識が必要なことから、最終的な適用の可否は実務面で困難をきわめています。そのため、しっかりと見極める必要があります。
 また、最近は相続税の課税強化の方向が打ち出されており、顧問先企業などの相続税対策として事前の検討も重要です。

 セミナーでは土地評価に精通する税理士と不動産鑑定士の2人が広大地評価の概要から留意点などの実務面について解説します。さらに、あまり評価事例がないものの、実際にあった市街化調整区域内の土地の適用についても検討します。

【日 時】

2011年12月13日 13:30~16:30 (受付開始 13:00) (終了しました)

【会 場】

都久志会館
(〒810-8583 福岡市中央区天神4-8-10) 地図

【テーマ】

  • 広大地評価の概要(財産評価基本通達上の広大地、鑑定評価の視点からみた広大地)
  • 広大地評価に必要な行政法規、鑑定評価用語の知識
  • 広大地評価の留意点
  • 市街化調整区域内の土地の適用事例

【講師】

◆ 山口 俊昭 (やまぐち としあき) 税理士

福岡国税局資産税課実務指導専門官、同国税局資産評価官などを経て平成19年8月税理士登録。現在、福岡市内で税理士事務所を開業。九州北部税理士会会員相談室相談員(資産税担当)。九州北部税理士会の支部主催の研修などで講師を務める(主に土地・株式評価関係)。

◆ 石田 美紀子 (いしだ みきこ) 不動産鑑定士

平成12年3月不動産鑑定士取得。福岡国税局土地評価審議会委員、福岡県固定資産評価審議会委員、国土交通省地価公示評価員などを務め、公的評価や一般評価に従事。不動産カウンセラーや不動産戦略アドバイザーの認定も持つ。新日本総合鑑定㈱(福岡市)に所属。

【受講料】

1名につき 10,000円(資料代等を含む)

「国税速報」「税のしるべ」の購読者は割引価格8,000円となります。

【お申込方法】

以下のメールフォームよりお申し込みください。お申込みが定員に達し次第締め切らせて頂きます。お申込み受付け後、受講票・請求書・振替用紙・会場案内をお送りいたします(開催日の約1ヵ月前から)。

  • 専門の税理士と不動産鑑定士が解説 『広大地評価の概要と実際の評価事例による検討』 申し込みフォーム(終了しました)

【お問い合わせ先】

一般財団法人 大蔵財務協会 (担当 : 遠藤・丸山)
〒102-8335 東京都千代田区三番町 30 - 2

  • TEL : (03) 3265 - 4145
  • FAX : (03) 3264 - 2187
  • E-mail : seminar@zaikyo.or.jp

※ セミナーについて、会場へのお問合せはご遠慮下さい。

※ 自然災害、交通機関のトラブル等の影響により、やむを得ず開催の延期または中止をさせていただく場合がありますことを予めご了承お願い申し上げます。

開催前・参加者募集中のセミナー