ここだけは気をつけたい!
事例でわかる法人税調査の着眼点

 税務調査では、調査官はどこに疑問を感じ、どの点を着眼点とし、どのような調査展開を図ろうとしているのか、その点を意識して臨むのが重要です。

 セミナーでは、事例を挙げて、調査官の見方、考え方、調査の進め方等を整理して分かりやすく解説します。そのことにより調査担当者における準備調査の意味合いもお分かりいただけると思います。

 また、調査の対応の仕方、調査だけではなく税務そのものに対する対応の仕方、さらには税法等の考え方についても理解していただけるようお話します。是非ご参加ください。

【日時】

2017年10月11日(水)  13:30~16:30(受付開始 13:00)

【会場】

東京トラック事業健保会館 大会議室
東京都千代田区四番町5-7(地図

  • 交通:JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩7分

【講師】

■税理士 宮下 裕行(みやした ひろゆき)

東京国税局調査部、同局国税広報室広報係長、同局資料調査課主査、同局資料調査課国際調査専門官、同局資料調査課総括主査、保土ケ谷税務署副署長、特別国税調査官等を経て、税理士登録。現在、東京地方税理士会税法研究所研究員を務める。

【主な著書】

「最新法人税調査の傾向と対策」「そのときどうする?実務家のための法人税」(以上、大蔵財務協会発行)、「法人税基本通達の疑問点(五訂版)」「法人税調査の類型と実務対応」(以上、ぎょうせい発行)他多数。

【受講料】

1名につき 12,000円(税込。テキスト代等を含む。)

なお、下記テキストをお持ちの方、弊会発行「国税速報」「税のしるべ」読者の方の受講料は以下の割引価格となります。

・国税速報・税のしるべ読者の方でテキストを持参する 8,000円

・国税速報・税のしるべ読者の方でテキストを持参しない 9,600円

・未購読者の方でテキストを持参する 10,000円

【テキスト】

『事例でわかる 法人税調査の着眼点+経営へのヒント』(平成27年11月刊/大蔵財務協会)

【お申込方法】

以下のメールフォームよりお申し込みください。お申込みが定員に達し次第締め切らせて頂きます。お申込み受付け後、受講票・請求書・振替用紙・会場案内をお送りいたします(開催日の約1ヵ月前から)。

【お問い合わせ先】

一般財団法人 大蔵財務協会 (担当 : 総務部)
〒130-8585 東京都墨田区東駒形1丁目14番1号

  • TEL : (03) 3829 - 4150
  • FAX : (03) 3829 - 4004
  • E-mail : seminar@zaikyo.or.jp

※セミナーについて、会場へのお問合せはご遠慮下さい。

※自然災害、交通機関のトラブル等の影響により、やむを得ず開催の延期または中止をさせていただく場合がありますことを予めご了承お願い申し上げます。

開催前・参加者募集中のセミナー