家族信託(民事信託)の制度と税金

【研修概要】
 我が国は、類のない少子高齢化社会になっています。近い将来には人口の3人に1人が高齢者になると言われています。そして、高齢化に伴って認知症の方が増えているということも現実です。 認知症の方々の多くは、法律行為ができません。法律行為が制限されれば、その方が所有している金融財産や収益不動産などの資産が凍結された状態になります。 資産の利活用ができなくなれば、本人にとっても家族にとっても由々しき問題です。
 今、話題になっている「家族信託(民事信託)」をご存じでしょうか? 
 平成18年に信託法が84年ぶりに大改正され、その時に誕生した制度です(我が国初の制度)。 この家族信託の仕組みを活用することで、認知症等の対応としてその方の保有する財産が凍結されることなく利活用できるようになりました。
 本セミナーは、家族信託の制度とそれに伴う税金について分かりやすく解説いたします。 家族信託にも税金が掛かります。後から追っかけてきます。馴染みのない信託税制は難しいです。

【日 時】

2020年11月19日(木) 13:30~16:30(受付開始 13:00)

【会 場】

エル・おおさか
大阪市中央区北浜東3-14 地図

  • 交通 : 京阪・Osaka Metro谷町線「天満橋駅」より西へ300m

【講 師】

■税理士 山田 吉隆 (やまだ よしたか)

大分県出身、大阪国税局管内で国税局や税務署の勤務などを経て、平成19年に豊岡税務署長(1年)、平成22年に芦屋税務署長(2年)のち退官。 平成24年9月税理士登録。

【受講料】

1名につき 12,000円(税込・テキスト代を含む)
なお、弊会発行「国税速報」「税のしるべ」講読者の方の受講料は以下の割引価格となります。
・国税速報・税のしるべ購読者/テキストを持参する   7,600円
・国税速報・税のしるべ購読者/テキストを持参しない  9,600円
・未購読者の方/テキストを持参する          10,000円

【テキスト】

『わかりやすい家族信託の税金のはなし』(2020年7月刊/大蔵財務協会)

【お申込方法】

以下のメールフォームよりお申し込みください。お申込みが定員に達し次第締め切らせて頂きます。お申込み受付け後、受講票・請求書・振替用紙・会場案内をお送りいたします(開催日の約1ヵ月前から)。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止や交通機関のトラブル等の影響により、やむを得ず開催の延期または中止をさせていただく場合がありますことを予めご了承お願い申し上げます。

【お問い合わせ先】

一般財団法人 大蔵財務協会 (担当 : 総務部)
〒130-8585 東京都墨田区東駒形1-14-1

  • TEL : (03) 3829 - 4150
  • FAX : (03) 3829 - 4004
  • E-mail : seminar@zaikyo.or.jp

※ セミナーについて、会場へのお問合せはご遠慮下さい。

※ 自然災害、交通機関のトラブル等の影響により、やむを得ず開催の延期または中止をさせていただく場合がありますことを予めご了承お願い申し上げます。

開催前・参加者募集中のセミナー